HOME > ユニサスBlog > 2018年12月

2018年12月25日お庭管理センターブログ

広島県安芸郡坂町 O様邸 人工芝

安芸郡坂町にお住まいのO様より、人工芝敷設工事の依頼を受けました。当初は庭に土間コンクリートをするか人工芝をするか迷われてましたが、土間コンクリートでは庭が殺風景になるとのことで人工芝を選択されました。

30.8月安芸郡坂町O邸①

30年8月安芸郡坂町O邸②

着工前の様子です。

30年8月安芸郡坂町O邸③

現状の既設土にセメントを混合し、周囲の排水や小さな不陸等も留意しながら下地を丁寧に均し転圧します。

30年8月安芸郡坂町O邸④

路床完成後、防草シートを現状に合わせ敷設します。人工芝だけでもかなりの防草効果は期待できますが、防草シートを組み合わせることで効果は絶大です。

30年8月安芸郡坂町O邸⑤

防草シート敷設完了後、人工芝(u-tarf25)を庭の形状にあわせながら丁寧にカッティングしていきます。

30年8月安芸郡坂町O邸⑦

ジョイント部分の接着作業です。ジョイントテープ上で人工芝を重ね合わせた後、丁寧にローラにて押さえ込んで行きます。

30年8月安芸郡坂町O邸⑨

30年8月安芸郡坂町O邸⑪

人工芝敷設完了後、人工芝専用の特殊硅砂を充填し完了です。

人工芝の御かげで殺風景だった庭が緑鮮やかになりお客様にも大変満足して頂きました。

2018年12月25日お庭管理センターブログ

広島市西区H様邸 人工芝

広島市西区にお住まいのH様より、ご自宅の庭を天然芝にしていたが手入れが行き届かず荒れ放題となっている為、人工芝にしたいとのご依頼がありました。

30.6月広島市西区H邸①

既設の天然芝を根ごと撤去した後、排水・勾配に考慮しながら丁寧に不陸整正を行います。

人工芝敷設作業のおいて路床整正は最も重要な作業のひとつです。この作業を怠ると人工芝にしわができたり水が溜まる原因となってしまいます。

30.6月広島市西区H邸②

路床整正後、リアル人工芝(u-turf25)を敷設します。花壇などのとりあい部分においては隙間ができないよう丁寧にカッテイングを行い、人工芝の接合部分においては路床部にジョイントテープを敷設し丁寧に人工芝をつなぎあわせていきます。

30.6月広島市西区H邸④

人工芝敷設完了後、人工芝専用の特殊硅砂をパイルを起こしながら充填し完了となります。

30.6月広島市西区H邸③

人工芝敷設完了です。

お客様には庭がいつもきれいに保て全体的に明るくなった喜びの言葉を頂きました。