HOME > ユニサスBlog > 2016年07月

2016年7月30日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市西区N様邸

今回は広島市西区のお客様でバラのツルが上に向かって伸びすぎているので上に伸ばさずに

お店の上にバラのツルを這わせたいというご依頼です。

CIMG2910  CIMG2909

この時期は強い剪定は出来ないので細く弱った内向きの枝と枯枝を取り除き枝全体を軽くしました。

CIMG2912

次に徒長した枝をお店の上に這って行くように結束していきます。

CIMG2911

作業完了です、上に伸びていた枝は横に成長していくように結束され、全体的にスッキリとまとまりました。

CIMG2913     CIMG2914

バラの剪定は基本的に枝切り、花、つぼみの摘み取りです。

肥料や植替え(鉢植え)を行うと育ちが良く剪定の効果も良くなりますよ

次回は強い剪定ができる1月~2月頃に本枝を剪定し頭を低くする予定です。

 

 

 

2016年7月29日お庭管理センターブログ

お客様サポート室ブログ、開設しました

はじめまして、お客様サポート室の伊藤です。

いつも電話にてお客様とお話させていただいており、失礼しております。

これから、ブログでも知って得する情報などを発信していきたいと思います。

まずは、第一弾として・・・

お庭の「年間管理(契約)」・・・って御存じですか?

お客様の中には、年2~3回お庭のお手入れのご依頼をされる方がいらっしゃいますが、年2回以上の管理をご契約されますと、こちらから作業日を指定させていただくことにより作業ロスを軽減できるので、通常見積価格の10%OFF程度で行うことができます。作業日については、作業行う1か月前にお電話にてご連絡させていただきますので、もしご都合が悪い時は日程調整ができますのでご安心ください。

また、庭木や草にとっても定期的に人の手が入ることによってきちんと管理ができ、樹形をきれいに保ちやすく虫も繁殖しにくいなどのメリットがありますので、お気軽にフリーダイヤル0120-028-339までお電話ください。

これからもいろいろな情報を発信していきますので、よろしくお願いします!

 

 

2016年7月28日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市南区向洋H様アパート

今回はお客様のお庭ではなく、お客様所有のアパートの除草・剪定作業です。

A・B・C棟と別れており結構広い敷地になってます。

こちらのアパートは年間管理で作業に入っていますので円筒形のキンモクセイや生垣・サツキツツジの寄せ植えなど

一定の高さを保つ事が出来ますし料金もお安くする事が出来ます。

植木が生長しすぎてご依頼されると、金額も割高になったり、作業日数が増えたりする場合があります。

今回は1日で作業を完了しました。

Before                                                                                        After

IMG_1540     IMG_1549

IMG_1541     IMG_1550

IMG_1542     IMG_1551

IMG_1543     IMG_1552

お庭管理センターでは、個人宅のお庭だけではなく、アパートやマンションの植栽管理も承っておりますので

お気軽にご相談ください。

 

2016年7月27日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市廿日市市T様邸

今日は新規のお客様のご依頼でお庭の剪定をさせていただきました。

                  作業前

DSCN1011 DSCN1012

みてのとおりいろいろな植木が植えてありました。

写真では見えませんが下草、花が地面に数多く植わっていたので、足の踏み場

脚立の立てる位置を十分に気を付け作業しました。

作業中

DSCN1015 DSCN1016

ヤマモモの剪定は脚立が立てれなかったので、天端は枝透かし剪定をしながら上り

刈り込みバサミを使い丸く整えました。それとクロガネモチの剪定ですが、今日の

剪定方法は全て手バサミで行いました。

作業後

DSCN1017 DSCN1018

全体的に良い仕上がりになりました。とても、気持ちがいいです。

まだまだ、今から暑い日が続きます。皆さんも熱中症に気を付けましょう。

2016年7月26日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市佐伯区O様邸

今回は広島市佐伯区のお客様からのご依頼で、花壇の除草作業です。

以前はご自分で花や野菜を植えて色々楽しまれていたそうですが体を悪くされたらしく

ずっと放置されていました。

お見積りに伺った時も「最近体の調子が良くなったのでまた花や野菜を植えたいけどあんなに大きくなったら

私一人じゃ草むしりもできない」とお困りでした。

雑草もかなり大きくなり根もかなり張った状態なってます。

IMG_0748     IMG_0749

雑草を根まで丁寧に抜き取りました。除草作業だけのご依頼でしたが

土が痩せていたのでついでに肥料・土壌改良材を混ぜて花や野菜が植えやすい様に耕運しました。

IMG_0750     IMG_0751

これからは季節の草花を植えたり、野菜を育てたり色々楽しんで頂けるでしょう。

2016年7月25日お庭管理センターブログ

空き家管理 広島市安芸区矢野東

広島市安芸区矢野東の空き家管理です。

今回はお庭に植わっている木を全部伐採して根株も掘り取り処分する作業です。

作業前はこんな感じです。

image         image

雑草も伸び放題で植木もかなり生い茂った状態でした。

草刈、伐採は人力で行いましたが根株の掘り取りはお庭も広かったので機械での作業にしました。

image

人力での作業だと日数もかかるし金額も高くなるのですが、

機械作業にする事で作業日数も短縮でき金額もお安くする事が出来ました。

image         image

雑草も植木もすべて無くなり家の周囲が見渡せる様になり、

ご依頼のお客様も大変満足されてました。

 

2016年7月25日お庭管理センターブログ

いい施設の在り方(ベクトルをそろえる)

ユニサスの主な事業には、スポーツ施設の設計施工(野球場、陸上競技場等)、スポーツ施設のメン

テナンス(維持管理事業)及び指定管理業務があります。

いわゆるスポーツ施設における「造る・守る・運営する」の3つの事業を柱としてます。

この3つの事業に携わることによって気づいた点がいくつかありますがそのひとつにいい施設(運動

施設)の在り方があります。

逆に悪い施設(運動施設)はといいますと原因はほぼほぼ共通しています。その原因を仮に天然芝サ

ッカー場で、a.施設貸出者、b.利用者、c.維持管理業者で例えてみます。

悪循環施設

a.施設貸出側

・天然芝等施設の特性を理解していない(維持管理業務をプロに頼んでいるから)

・利用される競技の特性を理解していない(競技によって痛む場所、痛みの重度または、天候によって  も変わってきます)

・利用率アップ、利用収入が最優先

b.利用者

・天然芝等施設の特性を理解してない(スパイクの泥等を天然芝のこすりつけて落とす等)

・お金を払って借りているからどう使おうが私達の自由だ(その為に維持管理業社がいるんでしょ)

c.維持管理業者

・天然芝等施設の特性を理解してない業者が管理している(専門業者外)

・芝生の状態が悪くても設計業務外(見積書)だから自分達は関係ない

・利用率アップ、利用収入優先の施主の考えに対し、天然芝の特性等を理解してもらう為の努力をあきらめている

 

上記のように施設に対する考えが利己主義的な三者三様であると、貸出は容易に行ってくれるが状態

が悪くて競技にならない→修繕が多くなる(修繕時には利用できなくなる)→ライフランニングコスト

の増高といった悪循環を生み出してしまいます。

逆に良い施設は、a.施設貸出者、b.利用者、.維持管理業者の三者がみんなが使う施設なんでいつも良

好なコンディションで気持ちよく使おうとゆう意識のベクトルが統一されています。

ある人が本にこんな一文を書いています。

(ベクトルをそろえるとは、考え方を共有していこうということです。人間として行動していくため

の、最もベーシックな哲学をともにし、それを座標軸に、各人が持てる個性を充分に発揮していこうと

いうことなのです。同好サークルならば、自由な発想と個性の発揮だけでいいでしょう。しかし、目的

を持った集団(会社)であれば、価値観を共有してはじめて、達成への永続的、集中的な取り組みが可

能となるのです。)

単純にサッカーでいえば、メッシが11人そろっていてもベクトルが統一していなければ勝てな

いということです。

私達は、指定管理施設において自治体の貴重な財産である施設を正しい利用と適切な保守管理を行い、

自然劣化等による性能低下を最低限にし、「事後保全」はもとより「予防保全」をしていくことによっ

て、ライフサイクルコスト(LCC)を抑えることを最優先としたうえで、利用率アップの工夫に努め

るとゆうベクトルを施設全体で統一しています。

 

吉田サッカー公園

※ 写真は吉田サッカー公園(サンフレッチェの練習場)です。ここでは、毎月1回施設管理者・利用者(サンフレッチェ)・維持管理業者の3者で芝会議を行っております。

2016年7月22日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市佐伯区M様邸

広島市佐伯区のお客様からのご依頼でお庭の除草と剪定作業です。

以前は剪定作業だけだったのですが、足を悪くされたらしく草取りが出来なくなったので

今回は除草と剪定の両方の作業です。

よくお見積りに伺ったときも造園屋さんだと、剪定作業しかしない所もあるらしく、草取りだけ別の業者に

頼まないといけないのでなにかと不便という声を聞きます。

さて作業前ですが結構雑草が伸びてます

IMG_1584     IMG_1581

クロガネモチの段物剪定です、胴吹きやふところ枝を取り除き大バサミで刈込みし

雑草も丁寧に取り除き作業完了です。

IMG_1589     IMG_1587

お庭管理センターでは植木の剪定だけでなく、草取り・草刈作業も承ってますのでお困りの際は

ご相談下さい。

 

 

 

 

 

2016年7月21日お庭管理センターブログ

人工芝 島根県飯南町W様邸

先週雨で出来なかった作業の続きです。

まず人工芝のジョイント(継ぎ目部分)にジョイントテープを敷き接着剤を塗ります。

接着剤の量が多すぎても少なすぎてもうまく張り合せる事が出来ません。

IMG_0553   IMG_0556

接着剤を塗り終えたら継ぎ目が目立たないように人工芝を張り合せていきます。

簡単そうでに見えますが接着剤が芝生につかない様に張っていくので意外と神経を使う作業です。

IMG_0557

張り合せが終わったら人工芝に人工芝用の砂(硅砂)をまいて敷均し、回転ブラシで均一に充填していきます。

IMG_0560   IMG_0563

雨のせいで予定よりも一日作業が遅れましたが無事完了です。

Before                                                                                   After

CIMG2625   IMG_0566

CIMG2626   IMG_0565

CIMG2624   IMG_0567

今回ご依頼頂いたお客様は、これからは雑草に悩まされる事もなくのんびり庭を眺められると

大変満足されてました。

 

 

2016年7月20日お庭管理センターブログ

空き家管理 広島市安佐北区可部M様邸

今回は広島市安佐北区の空き家の草刈、剪定作業です。

元々畑にされてたらしいのですが草も背丈ぐらいまで成長し土も見えない状態です。

image

家の周囲も同じ様に雑草が繁茂していましたが草刈機で丁寧に刈り取りしました。

image

今回のお客様も刈り取った草や剪定ゴミは持って帰ってもらえるのか気にされてました。

剪定ゴミや除草ゴミはすべて持って帰っております。

他業者の中には見積り代金に処分代が含まれていない事があるそうですが

お庭管理センターでは見積り金額にすべて含まれております。

image            image

繁茂していた雑草も無くなり植木もスッキリしました。

お客様も大変満足されてました。