HOME > ユニサスBlog > 2016年06月

2016年6月30日お庭管理センターブログ

お庭管理 広島市佐伯区A様邸

今回は佐伯区のお客様でウバメガシ、クロガネモチの仕立物と生垣の剪定作業です。

image      image

ウバメガシやクロガネモチは庭の主木としてよく用いられる木ですがウバメガシは新芽が長く伸びる

のでこまめな手入れが必要です。

生垣も石積みの上にあって足場が無いので脚立を何回も移動させながらの剪定になります。

image       image

ウバメガシ、クロガネモチは綺麗な段作りに、生垣はフェンスから飛び出た枝葉も無くなり

お庭全体が引き締まった印象になりますね。

お客様も庭がスッキリしたと大変満足されてました。

 

 

2016年6月29日お庭管理センターブログ

グラウンド資材/黒土混合土

今日は、先日グランド用資材においての真砂土についてお話させて頂きましたが、今回は黒土混合土に

おいて少しお話したいと思います。

野球場で使用されている黒土は当然のことながら、ただ黒いだけではありません。野球に適した硬度や

排水にする為、砂をブレンドしたり黒土の篩の大きさや粒度分布を調整したりしています。この調整を

怠ると表面上きれいに見えるグランドでも、柔らかすぎて打球が死んでしまったり、選手が踏ん張れな

かったり、降雨によりぬかるみがひどくなったり、また逆に表面硬度が硬すぎてもボールが跳ね過ぎて

しまうなど野球そのもののプレーに支障をきたしたり、けがの原因にもなりかねません。

だから、施主様や選手にとっても、資材選びは大切なことなのです。

黒土においてもたかが黒土されど黒土なんです。

そこで、私達が取り扱っている黒土商品の1部をご紹介します。

ヒートサンド.pdf

 

また、この他にもせん断強度が最も必要なマウンドや塁ベース付近における専用の黒土(黒土と浄水ス

ラッジと組み合わせたもの)を袋詰めで販売予定しておりますのででき次第また報告します。

その他にもクレイ素材(真砂土、アンツーカ、黒土混合土、真砂土改良剤)等、なんでもお気軽にお問

合せ下さい。

 

 

 

 

2016年6月28日お庭管理センターブログ

お庭の除草・剪定 広島市佐伯区I様邸

広島市佐伯区でのお庭管理作業です。

樹木剪定は何本かありますが、除草がメインの作業です。

IMG_0028    IMG_0031

お庭の通路はお客様で防草シートを貼られたみたいですが花壇の中は結構生えてます。

裏の石垣からも草が生えてます。

石垣の除草は脚立等を使っての作業になるので、個人で取るのはなかなか難しいし、危ない作業です。

IMG_0035    IMG_0032

植木も剪定し、花壇の中もきれいになりました。

石垣も上部まで丁寧に除草しスッキリしました。

お庭管理センターでは、お庭だけではなく今回の様な石垣の除草など色々作業を承っていますので

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

2016年6月24日お庭管理センターブログ

人工芝 ゴルフショップ 広島市安佐南区

今日は先日施工をしたゴルフショップのパター売場とアイアン売場の人工芝張替えです。

結構前にお店の方が人工芝を張ったらしくかなり傷んでました。

image              image

人工芝の継ぎ目部が剥がれて見た目も悪いし、お店を訪れた方が躓きそうです。

まず既設の人工芝の撤去作業です。

image              image

両面テープが貼ってあるままだと凹凸が出来るので綺麗に取り除きます。

取り除いたら人工芝を事前に割り振ったサイズで配置し、ジョイント部分だけ接着していきます。

image              image

接着剤を塗り終えたら人工芝同士を貼り合わせて行きます。

image

ただ張り合わすだけだと継ぎ目が目立つので注意が必要です。

簡単そうですが慣れていないと意外と難しい作業です。

スポーツ施設等の管理や工事の経験・技術が生かされます。

image               image

陳列棚や商品を戻して完成です。

今回アイアン売場の人工芝はプロターフを使用しました。

お庭に人工芝をとお考えのお客様にもお勧めしている商品です。

ゴルフショップの方も大変喜ばれていました。

 

2016年6月23日お庭管理センターブログ

お庭の剪定 安芸郡府中町 O様邸

今回は安芸郡府中町での樹木剪定作業です。

モミジ、クロガネモチ、モッコクなど仕立物の剪定がメインです。

作業前はこんな感じです。

image           image

仕立物の剪定は全体のバランスを見ながら枯れ枝、ひこばえ、同吹き枝等を切って

大バサミで整える作業です。

image            image

伸びた枝葉で見えなくなっていた幹も見える様になりお庭全体も明るく風通しも良くなりました。

植木にとって剪定はとても大切な作業です。

剪定の目的は樹木の姿を整えるだけでは無く、日当たりや風通しを良くする事で害虫予防や

適切な成長を促します。

定期的に剪定する事で成長をコントロールし大きくなりすぎて困った、日当たりが悪くなったなどで

頭を悩ませる事も無く快適な生活空間【お庭】を維持する事が出来ますよ。

 

 

 

2016年6月22日お庭管理センターブログ

空家管理 広島市 安佐南区 Y様邸

今日は安佐南区のお客様からご依頼です。

空き家にされていて近隣の方々に迷惑がかからない様剪定と草とりです。

草とりとか植木屋さんはあまりやらないのですが

お庭管理センターでは草とりもお任せ下さい。

作業前はこんな感じです。

image     image

作業後です。

image    image

雑草は無くなり、植木もスッキリしました。

ご依頼のお客様は遠方にお住まいで立会いが難しいとの事でしたがお見積もりから

作業完了までお客様の立会いのないままの作業させていただきました。

お電話等で作業内容、作業前の写真でお見積もり内容をご確認して頂き

作業完了後は写真をお送りしていますのでご安心下さい。

 

 

2016年6月21日お庭管理センターブログ

屋上人工芝  広島市 安佐南区 M様邸

今日は、以前施工した広島市安佐南区のM様邸の屋上人工芝の施工を紹介したいと思います。

M様邸は某住宅メーカーの35年保障の家で、屋上のスペースを人工芝にしたいとの要望でした。

人工芝を敷くことで建物メーカー保証が無効になるのではとの問題がありましたが、住宅メーカーに問

い合わせた結果、人工芝を張ってもらったほうが屋上防水シートを紫外線やキズから保護してもらえる

ので大歓迎という結果となりました。

それから、各種メーカーからいろんなタイプの人工芝をご提案。

選んで頂いた人工芝はu-turf25mmで国産で日本の生産基準をクリアしており、本当の芝

生の様に見える芝です。

※輸入品の人工芝は生産基準が不透明なうえ紫外線劣化による変色等問題が多々発生しています。

人工芝施工においては職人が丁寧に仕上げ、屋上面の接着はせず人工芝用特殊硅砂を1cm充填し自重

により設置する工法で仕上げました。念の為、端部はテープで接着し剥がした時跡が残らないように2

種2重張りで仕上げを行いました。

また、バーベキューコーナーをタイル敷設し作りました。

殺風景だったコンクリート面の屋上が一面緑いっぱいの素敵なスペースへと生まれ変わり、施主様か

らも大変喜んで頂けました。

mu施工前1

バーベキューコーナー施工完了

mu完成4

砂入り人工芝 u-turf25mm敷設完了

2016年6月20日お庭管理センターブログ

道しるべ灯篭

 

今日は安佐南区のお客様で植え替えの見積りです。

image

蹲の周りに植わっているヒラドツツジを他の植木にしたいとの事

何種類かご提案させていただきました。

お客様からこれも頼めますか?と聞かれ振り返ると

道しるべ灯篭の行灯部分の補修なかなか珍しいご依頼です。

image

大丈夫です。補修出来ます。

網戸の張り替え、襖、障子の張替えのご依頼も頂きました。

お庭管理センターではお庭以外のご依頼もお任せ下さい。

畳の表替え、屋根、外壁、もちろん外構工事も承っております。

お気軽にお問い合わせください。

ではまた明日✋

 

2016年6月20日お庭管理センターブログ

人工芝センター  テニスコート編

今日は、また人工芝についてお話したいと思います。

人工芝の用途は様々です。野球場、サッカー場、多目的グラウンド、テニスコート、お庭、ベランダ、

屋上等様々です。よって人工芝の種類も様々なので使用用途により適切な人工芝選びを行う必要があり

ます。また、人工芝を敷設するには、下地(人工芝を敷設する下層部分)をどのような仕上げにする

か?(アスファルト舗装・セメント改良・防草シート等)勾配はどのようにとるか?また、下地を平坦に

均す技術(3m範囲でプラスマイナス5mm以内基準/アスファルト舗装)を要します。これらを怠る

といくら上辺だけ人工芝をきれいにはっても仕上がりはうまくいきません。簡単そうに見えて小さな部

分で職人の技術が必要なのです。

その中でも最も技術を要するひとつに、テニスコートの部分張替があります。

人工芝テニスコートにおいて部分張替の物件がおおいのは、プレーヤーがもっとも動くベースラインの

約1m前後の範囲がテニスシューズとの摩擦によりパイルの損傷が他の範囲に比べ(センターライン・

サイドライン・ネット際)最も早く、プレーに支障をきたす為です。

この部分張替を行う為の留意点は人工芝の撤去後のアスファルトの状態の確認、その後の下地修正、そ

して何より神経を使うのが既設人工芝と張替人工芝とのパイル高調整です。このパイル高調整を怠ると

僅かな段差によりプレーヤーに違和感を与え、時には躓きや怪我の原因にもなります。

私達はその微妙なパイルの調整を現地の人工芝丈をこと細かく計測し、現地にあったパイル高の人工芝

を制作・敷設し且つ微調整を入念に行います。その技術が認められ、おかげさまでいまでは特命で仕事

を頂くことや、他業者が張替え後の手直しも依頼される様にもなりました。

たかが張替されど張替ですね。

これからもプレーやーの気持ちになって施工します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

既設人工芝撤去 下地アスファルト確認 周囲の芝丈を確認しながら下地修正

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パイル丈調整をした人工芝を周囲の高さと微調整しながら敷設

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

砂入り人工芝用特殊硅砂充填

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成

2016年6月19日お庭管理センターブログ

空き家のお手入れ

 

昨日は空き家の庭を整理してほしいとのご依頼でお庭を拝見してきました。

剪定とかで綺麗にされるのかと思いきや庭木を全部撤去してほしいとの事

image

草も結構伸びてます。

image

草刈りして、枝打ち、伐採、抜根、処分って感じの流れだけど

結構色々な植木が植わってますな・・・・

これだけ成長してるとお部屋に日や風が入らないので

植木は可哀想だけど家にとってはいいかも

お庭管理センターでは庭木の剪定や草とりだけではなく今回の様な作業も承っております

のでお困りの事があればお問い合わせください。

それではまた明日✋